ZX7ドライバーの試打動画・評価まとめ オススメのゴルフクラブ ゴルフ特集記事 中古 ゴルフクラブ ・ ゴルフ用品 | 激安中古クラブ市場

激安中古クラブ市場
国内最大250店参加
出品数 5,
-PR- GDOゴルフショップ ゴルフダイジェスト・オンラインで探す!
ウェアドライバーFWウッドユーティリティアイアンセットウェッジパターボール
2021年05月25日
オススメのゴルフクラブ
ZX7ドライバーの試打動画・評価まとめ
スリクソンのZXシリーズのドライバーは、ZX5ドライバーとZX7ドライバーの2種類あります。

スリクソンと契約している松山英樹が、久しぶりにスリクソンのドライバーに戻ってきたことで、ZXシリーズのドライバーにこれまで以上の注目が集まっています。

ZXシリーズのドライバー

スリクソンのドライバーは、以前は3種類リリースされていましたが、ここ数年は2種類に絞られています。

また、ヘッド体積も以前は差がありましたが、2018年のZ85シリーズから全てのドライバーヘッドが460ccのルール上限サイズとなっています。

とは言え、ヘッド形状はシャローとディープに分かれていますので、シャローなZX5ドライバーは寛容性が高く、ディープなZX7ドライバーは操作性に優れています。

松山英樹は、どちらのモデルも試合で使ったことがありますが、最終的にはZX5ドライバーを選択しています。

ZX5ドライバー

ZX5ドライバーは、投影面積が大きく、ボールのつかまりも良いドライバーです。

前作のZ585ドライバーにはロフト角調整機能がありませんでしたが、ZX5ドライバーには搭載されています。

ウェイトはソール後方に1つ搭載されていて、慣性モーメントが大きく、寛容性と直進性に優れています。

ZX7ドライバー

ZXドライバーは、投影面積がが絞られていて、ZX5ドライバーと比べるとややディープになっています。

操作性が高く、フェースも逃げ顔で、左へのミスが出にくいため、思い切り叩きたい人に向いています。


ZX7ドライバーの試打動画
ZX7ドライバーをプロが試打

こちらも石井プロによりZX7ドライバーを試打されています。打ち比べされているドライバーは、前作のZ785ドライバー、そして、松山英樹が過去8年間使っていたZR-30ドライバー、他社ですがキャロウェイのグレートビッグバーサドライバーです。

マスターズを日本人で初めて制覇した松山英樹の使用ドライバーという視点で見ると、面白い試打企画です。

ZX5・ZX7ドライバーをクラブフィッターが解説

ZX5・ZX7ドライバーの特徴に加えて、松山英樹がZX5ドライバーを選んだ背景・理由について解説されています。

テクノロジー面では、リバウンドフレームと言う構造が採用され、ボール初速のアップに加えて、芯も広くなっているため、寛容性が高くなっているのが、これまでのスリクソンと違う点だそうです。


ZX5ドライバーとZX7ドライバーをマーク金井氏が解説

ZX5ドライバーは、ゼクシオと似ていて、ゼクシオのややハードなモデルであるXXIOエクスよりもゼクシオ寄りと感想を述べられています。

一方、ZX7ドライバーの方はハードなままで、操作性・低スピンを求める方向けのドライバーと評されています。




ユーザー評価ランキング(毎日更新)

ゴルフ特集記事 カテゴリー

  • ゴルフクラブ
  • ゴルフ用品
商品検索フォーム
利用区分
クラブ種別
メーカー
硬さ
ロフト
長さ
価格(税込み)
程度

ヘッド調節機能








フリーワード

激安中古クラブ市場に出店する
↑ PAGE TOP
← BACK